コアサーバー(CORESERVER)でのURLの正規化「301、302リダイレクト」

コアサーバーでURLの正規化を行う場合一般的にはサーバーの設定画面で「NoDir」にチェックを入れるだけでOKなのですが、これ調べて見ると302リダイレクトになっています。

aa

だから何なのさ?

と言われればホントその通りでしてURLを統一するだけであれば別に302でも問題ないと思います。

ただし、302リダイレクトはリンクの受け渡しが行われません。

つまり、www付き、wwwなしのURL両方に被リンクがついていた場合は301リダイレクトを行わないとリンクジュース(リンクのパワーみたいなやつ)が渡りません。

ということで、何か言い訳が長くなりましたがコアサーバーでの301リダレクトは簡単です。

どのサーバーも簡単ですが・・・

転送元のディレクトリに「.htaccess」ファイルをアップロードするだけです。

PHPやJSで書く方法もありますが、「.htaccess」が一番簡単なので「.htaccess」で説明します。

コアサーバーの場合は「NoDir」にチェックを入れずwww付き、www無し両方を書いておくと各ディレクトリが生成されます。

a

ですので、転送元のディレクトリに.htaccessファイルをアップロードします。

今回はwww付きに統一しますので、

www無し(.htaccess) ⇒ 301  ⇒ www付き

の流れですね。

aaa

.htaccessは下記の用に書けばOKです。

wwwあり

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^aaa\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.aaa.com/$1 [R=permanent,L]

wwwなし

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.aaa\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://aaa.com/$1 [R=permanent,L]

.htaccessはまずはテキストファイルで転送元のディレクトリにアップロードし

1

右クリック ⇒ 名前の変更で書き換えます。

2

名前が変わりましたww

3

これで終了です。

wwwありとなしでアクセスしてみてリダイレクトされているかどうか必ずチェックしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です