エックスサーバーでURLの正規化を行う方法

エックスサーバーでwww付きドメインとwww無しドメインをどちらか一方でサイト運営をする場合の方法です。

検索エンジンは、www付きドメインとwww無しを区別するのでSEO上どちらかに統一した方が被リンクの分散を防げるでしょうということから統一する人が多いと思います。

私もなんとなく行っています。

http://www.aaa.com・・・www付き
http://aaa.com・・・www無し
※どちらのURLでもアクセスできてしまう。

301リダイレクトの方法

一般的にURLの正規化と呼ばれているのですが、URLの正規化を行う場合301リダイレクトを使います。

今回は「.htaccess(ドットエイチティーアクセス)」を使って301リダイレクトをします。

.htaccessファイルはテキストファイルで作成し、サーバーにアップロード後

htaccess.txt ⇒ .htaccess

に書き換えます。

書き方は下記のとおりです

wwwありに統一

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^aaa.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.aaa.com/$1 [R=301,L]

これでhttp://aaa.com/でアクセスした場合http://www.aaa.com/に転送されます。

wwwなしに統一

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.aaa.com
RewriteRule ^(.*)$ http://aaa.com/$1 [R=301,L]

これでhttp://www.aaa.com/でアクセスした場合http://aaa.com/に転送されます。

※aaaの部分をご自分のドメインにしてください。

既に存在している.htaccessファイルに書き足す

htaccess.txtファイルをサーバーにアップロードし、FTPクライアントソフトで.htaccessに書き換えればそれで終了ですが、エックスサーバーの場合すでに.htaccessファイルが存在しているはずです。

a

この元からある.htaccessファイルを無視して上書きしてしまうと、PHPが動かなくなったりしてしまうので、すでにあるファイルに書き足すと言う作業になります。

b

.htaccessをそのまま編集できない環境の方

.htaccessをそのまま編集できない環境の方は一度テキストファイルにしてから編集し、アップロード後.htaccessとリネームすればOKです。

その際に元からある.htaccessファイルを削除する事になると思いますので、バックップは必ずとっておきましょう。

FTPクライアントソフト上で右クリック ⇒ 「削除」を選び

c

はいをクリックします。

d

元のファイルを削除したら書き足したテキストファイルをアップロードします。

e

アップロードしたらFTPクライアントソフト上で右クリック ⇒ 「名前の編集」でリネームします。

f

これでOKですね。

g

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. サンボラ より:

    .htaccessファイルを上書きしていたので、作動できずに困っていましたが、おかげさまで、URLの統一が上手くいきました。ありがとうございます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です