Xサーバー搭載のアクセス解析「X Analyzer」と「Awstats」の設置方法

Xサーバーをお使いの方には、「X Analyzer」と「Awstats」という2つのアクセス解析が無料で提供されています。

エックスサーバー ⇒ ⇒ http://www.xserver.ne.jp/

「X Analyzer」はXサーバー独自のもので、「Awstats」は外部のアクセス解析です。

一般的によく使われているGoogleアナリティクスのように、HTMLにJavaScriptのタグを埋め込むタイプのWebビーコン型とは違い、この2つのアクセス解析はサーバログ型になります。

アクセス解析にはWebビーコン型、サーバログ型、パケットキャプチャリング型があるのですが、サーバログ型はウェブサーバーに残されたアクセスの履歴を解析しますので、比較的正確なデータが取れます。

IPアドレスや転送量を解析したい場合は、サーバログ型になるかと思います。

また、「X Analyzer」と「Awstats」のどちらを設置するかはどちらでもいいと思いますが、「Awstats」はXサーバーのサポート対象外になるのでX Analyzerにしておいたほうが無難かもしれません。

以下エックスサーバーのアクセス解析設定ページの引用文です。

※Awstats をインストールすると外部から誰でもお客様の統計情報を閲覧することが可能になります。
またAwstats 自体に脆弱性が見つかる場合も考えられるため、
セキュリティ観点などから、Awstats の閲覧ページにはアクセス制限などを行っていただくことが推奨されます。

※Awstats のインストール後の運用についてはサポート対象外となります。ご了承ください。

「X Analyzer」「Awstats」アクセス解析のインストール方法

インストール方法と言っても、ここで説明しなくても分かるぐらい簡単ですので2.3分で設置できます。

1.サーバーパネルにログインします

1

2.設定対象のドメインを選びます

2

ドメインごとにインストールしますので、アクセス解析を設置したいドメインを選んでくだい。

3.アクセス統計をクリック

3

4.アクセス解析の追加をクリック

4

5.アクセス解析設定の追加をクリック

5

6

アクセス解析の追加が完了しましたと表示されれば終了です。

「Awstats」の設置

Awstatsをインストールしたい場合は、「Awstatsのインストール」をクリックしてください。

7

アクセス解析を見る

8

アクセス解析を見る場合は、「アクセス解析の一覧」をクリックし、確認したいサイトの「閲覧」をクリックすることで確認できます。

9

エックスサーバー ⇒ ⇒ http://www.xserver.ne.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です