XREA(エクセリア)でのURLの正規化「301リダイレクト」

XREA(エクセリア)でURLの正規化を行う場合一般的にはサーバーの設定画面で「NoDir」にチェックを入れるだけでOKなのですが302リダイレクトになっています。

aa

302リダイレクトでも問題はないのですが、302リダイレクトだとリンクの受け渡しが行われません。

302リダイレクト:一時的な移転
301リダイレクト:恒久的な移転

ですのでサーバーの移転など元もとそのドメインで運営していた場合はリンクの受け渡しをする301リダイレクトにする方が有利なわけです。

www付き、wwwなしのURL両方に被リンクがついていた場合リンクを受け渡したほうがいいですからね。

新規で設定する場合は気にしなくていいでしょう。

xreaでの301リダイレクトの方法

転送元のディレクトリに「.htaccess」ファイルをアップロードするだけです。

エクセリアの場合は「NoDir」にチェックを入れずwww付き、www無し両方を書いておくと各ディレクトリが生成されます。

a

ですので、転送元のディレクトリに.htaccessファイルをアップロードします。

今回はwww付きに統一しますので、

www無し(.htaccess) ⇒ 301  ⇒ www付き


aaa
の流れです。

.htaccessは下記の用に書けばOKです。

wwwあり

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^aaa\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.aaa.com/$1 [R=permanent,L]

wwwなし

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.aaa\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://aaa.com/$1 [R=permanent,L]

.htaccessはまずはテキストファイルで転送元のディレクトリにアップロードし

右クリック ⇒ 名前の変更で書き換えます。

2

名前が変わりましたww

これで終了です。

wwwありとなしでアクセスしてみてリダイレクトされているかどうか必ずチェックしてください。

リダイレクトのチェックはこちらのサイトを使うと便利です。

http://ohotuku.jp/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です