Windows10でインターネットに接続できないときの対処法


何かと不具合の多いWindows10ですが、急にインターネットに接続できないというトラブルが頻発しているようですので、対処法の1つをシェアしておきます。

インターネットにつながらないのに検索できるわけねえだろ・・・という声も聞こえてきそうですが、この際スマホで検索してここにたどり着いてくれているということにしておいてください。

まずは私の状況と接続環境から

朝オフィスに到着してニュースを読んでいるときに、急にインターネットにつながらなくなりました。

PCのOSは題名通りWindows10なのですが、以前にもWindow7で急につながらなくなることがあり、ルーターをリセットするか、しばらく気長に待つ(1時間とか)ことで100%解決できていました。

ですので今回もNTTのルーターとBUFFALOのルーターのリセットをして試してみたところ・・・直りません。

いつもならここで気長に待つところなのですが、OSがWindows10になって2,3か月目だったので、OSの不具合を疑いました。

接続はこんな感じ

NTT光終端装置(GE-ONU)⇒ NTTルーター(RT-400NE) ⇒ BUFFALOルーター ⇒ Apple AirMac Express OR 有線


BUFFALOのルーターで各PCに接続しているのですが、無線用にAirMac Express、有線で1台のPCにつないでいましたので、まずは無線環境を調べたところ、スマホは扇のマーク(ネットワークにつながっている証拠)が出ていましたし、Windows8.1のVAIOもインターネットにつながっていましたので、まあほぼWindows10が原因だろうなあと。

ただ、よくわからないのはApple AirMac Expressは緑色のパイロットランプの点灯が正常なのに、オレンジ色の点滅だったことです。

これは後に電源の抜き差し一発で解消されるので大きな問題ではないのですが、オレンジ色の点滅でも問題なくスマホとノートが接続できていました。

対処法

ここからが試した対処法です。

1.NTTルーター(RT-400NE) の電源を一度抜き、もう一度際直す

いつもはこのルーターの再起動ボタンを押して対処していたのですが電源を一度抜いて入れなおしました。

いつもは再起動のボタンを押すだけでしたが、今回はNTTに電話で確認したところ電源を一度抜いて入すことで改善されることが多いとのことでしたので試してみた感じです。

今回は抜いてすぐに電源を入れましたが、NTTの方は本当は5.6分待ってから電源を入れ直すほうがいいと言っていました。

理由を聞き忘れましたが静電気とかかな・・・

2.Windows10の再起動

次にWindows10の再起動ですが、再起動をせずにShiftボタンを押しながらシャットダウンをしてもう一度電源を入れ直しOSを立ち上げます。

Shiftボタンを押しながらシャットダウンをする理由ですが、Windows8以降のパソコンではシャットダウン後高速に起動できるよう一部のプログラムがスタンバイしている状態になっていて、Windows10は通常のシャットダウンでは完全にシャットダウンしていない状態だからです。

Windows10は通常のシャットダウンではアップデートなど何らかの原因でIPが取得できなくなり、インターネットにつながらないというトラブルにつながっているようです。

そのうち新しいプログラムにアップデートされそうですが。。。

Windows10を完全シャットダウンするように設定する

Shiftを押しながらシャットダウンすることで完全シャットダウンをすることができるので、この設定は必要ない人もいるかもしれませんが、設定で完全シャットダウンをすることも可能です。

高速で立ち上がったほうがいいので、私はShiftを押しながら・・・の方を選びますが念のため。

1.左下のWindowsマークを右クリックして「電源オプション」を選ぶ

2.「電源ボタンの動作を選択する」をクリック

3.「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック

4.高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックをはずして、「変更の保存」をクリック

これで終了です。

不具合が起きないのであれば、完全シャットダウン設定はしなくてもいいと思いますが頻繁にネットにつながらなくなるような方は設定を試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です