Canon PIXUS MP640 を AirMac Expressを使って無線LAN接続のセッティングをする

今まで、プリンターは全て優先接続でした。

それはなぜか?

面倒だから・・・

無線LAN環境にあれば、セッティングなんて簡単だと分かってはいたのですが、

USBケーブルでつなぐだけで印刷できるとなると、どうしても

ケーブル挿しちゃいますよね!!

ですが、ついに無線LAN接続のセッティングをする気になりました。

理由は2つ

妹の家に行って、妹のプリンターの無線LAN接続をして、おれもって気になたこと

もう1つは、どこのメーカーとはいいませんが

新しいプリンターを購入したのに、接続用のケーブルが付属してなかったこと

この2つです。

新しく購入したプリンターは、仕事で仕方なく購入したのですが、

ケーブルで接続してくれって書いてある割には、ケーブルが入ってなかったので、

今時は無線接続のほうが一般的なんだよな!!

とか思いながら、説明書をよーく読んでみると・・・

なに~このプリンターは無線接続できませんだと~

それなら接続用のケーブル入れとけよコノヤロー

ということで、1本USBケーブルが足りなくなったので、

活躍中のCanon PIXUS MP640 を AirMac Expressを使って無線LAN接続のセッティングをすることにしました。

でも簡単。

重い腰を上げさえすれば、ものの15分です。

ということで、せっかくなので写真とってみました!!

1、まずはMP640の本体でセッティングをします。

IMG_4859

2、設定画面で無線LANのセットアップを選びます。

IMG_4860

写真が傾いてますが気にしないでください・・・・

修正するの面倒だった。

3、もっと簡単な方法があるのかもしれませんが、よくわからないので、手動設定で行きます。

IMG_4861

また傾いてますね・・・・

手動設定を押すと、勝手にアクセスポイントを探し始めます。

4、アクセスポイントが見つかりました・・・良かった

IMG_4862

また傾いてる・・・撮影してるときは気づかなかったんですが・・・・・

自分が傾いてるんでしょうねえ。

5、次はパスワードを入力します。

IMG_4863

IMG_4864

パスワードって書くと混乱するかもしれませんが、無線LANに接続するときのパスワードじゃなくて、

AirMacユーティリティーでセキュリティーのセッティングをしたときに使ったキーです。

そのときのセッティングは覚えていませんが、確認したらWPA2パーソナルになってました。

WEPキーってやつですね。

たぶん、無線LANのときのセッティングで、パスワードらしき文字列を2つメモってると思うのでどちらかを入れれば問題ないでしょう。

書き直せよ・・・・て思うでしょうが面倒なので、このまま

ただ、本体での入力はすげー面倒だった・・・

文字列は逆から入れていかないといけないし、大文字と小文字の区別はあるし・・・

頑張って入れてください。

6、接続すると・・・

IMG_4866

写真傾いてるとなんか気持ち悪い・・・・根性も曲がってますが・・・

7、接続完了

IMG_4867

来たーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

写真も傾いてないし、良い感じだ。

これで、Canon PIXUS MP640本体のセッティングはOK!!

どのプリンターでも流れで進んでいけば、簡単に終わるはずです。

8、次はドライバーのセッティングをします

ドライバーは既にインストールされていると思いますので、

USB接続をネットワーク接続に変えるだけなのですが、設定がよく分からなかったので、

私はドライバーをアンインストールして、同じドライバーをインストールしなおしました。

調べるが面倒なので、こういうときはすぐにやり直しです。

性格が出ますね。

1-(2)

インストール方法は画像のとおりです。

次へをクリック

2-(2)

はいをクリック

3-(2)

ここは、ネットワーク接続を選んでください。

USBをクリックして次へを押してしまうと・・・・・やり直しです。

4-(2)

そうすると、自動でプリンターを探してくれます。

9、その流れでセットアップをしていきます

1

2

セットアップの完了です。

簡単でした!

必要ないですが、通信状態を測定しときます

3

4

5

うちは良好じゃないみたいです・・・・

無事に印刷できたので、気にしないようにいてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です