ミニムでWordPressを使う(インストールする)方法

ミニムでワードプレスを手動インストールする方法です。

ミニムはエクストリムとほぼ同じですが念のため記事にしておきます。

まずは、FTPクライアントソフトで最新版のWordpressファイルをダウンロードし任意のディレクトリにアップロードしてください。

⇒ 最新版のWordpressのダウンロードはこちら

wp

任意のディレクトリって?

1つのドメインに対して、サイトやブログを1つ運営するのであれば、何も考えずにドメイン直下にアップロードすればOKです。

ドメイン直下での運営

http://www.abc.com

任意のディレクトリはドメインのどのディレクトリでWordPressを運営したいかによります。

例えば、ドメイン直下で運営したい場合は「web」⇒「運営するドメインのフォルダ」の中にアップロードします。

ext-wp1

サイトやブログを複数運営したい場合はディレクトリで区切って運営することになります。

マルチサイト機能を使うことも可能です。

⇒ WordPressのマルチサイト機能で複数のブログを管理する

xyzフォルダでの運営

http://www.abc.com/xyz/

xyzというディレクトリの中で運営した場合は、「運営するドメインのフォルダ」の中に「xyz」というフォルダを作って、そのフォルダの中にアップロードします。

ext-wp1


WordPressのファイルをフォルダにアップロ-ドしたところ
ext-wpup

この時すでにドメインの設定は終わっていることとします。

分からない方はこちらの記事を参考にして設定してください。

⇒ エクストリムで独自ドメインの設定をする

次にワードプレスの設定の際に必要な情報をメモします。

Mysqlサーバー名

Mysqlユーザー名

Mysqlパスワード

Mysqlデータベース名

の4つが必要になるので、確認しておきます。

まずはサイトマネージャーをクリックしてください。

mini1

次にサイトマネージャーにログインします。

mini2jpg

データベースをクリックします。

mini3

ここで確認できますのでどこかに控えてください。

私の契約プランの場合データベースが6つ使えますので、今回使うどれかのデータベース名を1つメモってください。

mini4

必要な情報をどこかに控えたら、今回ワードプレスをインストールするURLに行って設定をします。

aa

WordPressのインストール方法に関しては別ページで何度も説明しているので簡単に書きます。

次の画面で先ほど控えた情報を入力します。

bb

データベース名 ⇒ Mysqlデータベース名

ユーザー名 ⇒ Mysqlユーザー名

パスワード ⇒ Mysqlパスワード

データベースのホスト名 ⇒ localhostのまま

テーブル接頭辞 ⇒ wp_任意の文字列

を入力後「送信」をクリックします。


4

クリックしたら・・・・・

wp-config.phpに書き込めませんでした。

手動でwp-config.phpを作成し、中に次のテキストを貼り付けることが出来ます。

と出てきてしますので、手動で作ってアップロードし直しましょう。


2

FTPクライアントソフトでアップロードしたファイルを見ると

wp-config-sample.php

というファイルが有るのでダウンロードして先ほど画面に出てきた物をコピペします。

ちなみにアップロード前のファイルでもどちらでもOKです。

3

コピペしたら

「wp-config-sample.php」を「wp-config.php」と書き換えてアップロードし直します。

4

5

6

アップロードしなおしたら、「インストール実行」をクリックしてください。

5

これでインストールが完了しました。

3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です