WordPressのパーマリンクの設定

 

WordPressを導入したら、パーマリンクの設定は初期のうちに必ず設定しておきたいことの1つです。

 

パーマリンクはエントリーやカテゴリーなどのURLのことで、デフォルトでは

 

例えばこのサイトのURLだと

「jaskun.com/?p=123」になっています。

 

 

ずっと変更しないなら、このままでもいいのですが、任意の文字列に変更することが可能ですので、最初から自分の好きな文字列にしてしまおうという訳です。

 

上から

 

■デフォルト
■日付と投稿名
■月と投稿名
■数字ベース
■カスタム構造

のいずれかを選択します。

 

完全に自分でカスタムしたい場合は、最後の「カスタム構造」を選んで、自分で好きなようにカスタムすることが可能です。

私のサイトをみていただければ分かる通り、

 

 

カスタム構造 ⇒ 「/%category%/%postname%/」にしてあります。

 

が、ハッキリ言って何を選んでも変わらないだろうというのが私の見解です。

 

URLに狙ったキーワードが入っていたほうが、SEO上有利だとか

 

日本語URLがSEO上有利だとか

 

そんなことが言われていた時代には、みなさん「SEO上有利であろう」URLになるようにカスタマイズしていましたが、今現在は「好きなURL」にカスタマイズするというレベルです。

 

だって、デフォルトのままとか日付や時間がURLになるのって、何だかかっこ悪くないですか?

 

そうでもないって人は、デフォルトのままでも問題ないでしょう。

 

ただ、断っておきたいのですが、今でもキーワードによっては日本語URLが結構上位にいたりとか、あまり競争率の激しくないキーワードの検索結果の上位が「URLに狙ったキーワードが入っていた」なんてこともあります。

 

「URLは何を選んでも変わらないだろうというのが私の見解だ」と言いましたが、

 

マイナスになるのであれば、やめておいたほうがいいのですが、プラスにはならないかもしれないけど、なるかもしれないというような場合は「一応やっておく」のがいいと思います。

 

ですので、日本語URLにはしないとしても、URLにその記事の題名を含めるぐらいのことはやっておきましょう。

 

 

 

ダッシュボード ⇒ 設定 ⇒ パーマリンク を選んでください。

 

 

カスタム構造にチェックを入れて ⇒ カスタマイズしたいようにタグを入力します。

 

最後に「変更を保存」をクリックして終了です。

 

ということで、カスタマイズする場合に必要なタグをメモしておきます。

 

 

%year% 投稿年
%monthnum% 投稿月
%day% 投稿日
%hour% 投稿時刻「時」
%minute% 投稿時刻「分」
%second% 投稿時刻「秒」
%postname% 投稿タイトル (投稿スラッグ)
%post_id% 投稿固有の ID 番号
%category% カテゴリー名 (カテゴリースラッグ)
%tag% タグ名 (タグスラッグ)
%author% 著者名

 

ですので、このサイトの場合は

カテゴリ名+タイトル ⇒ 「/%category%/%postname%/」ということです。

 

ちなみに日本語URLにしたければ、「%postname%」を必ず入れて、記事投稿時に「日本語」を入力すれば日本語URLになります。

 

日本語のタイトルを付ければ勝手に日本語URLになっていますが・・・・・・

 

私のサイトのように「%category%」を含ませても、カテゴリ名を日本語にすれば、日本語URLにできますので試してみてください。

 

私は日本語URLは一切使っていませんが・・・ドメインも日本語でとらないといけないんで・・・

 

コメント