バリュードメインで取得したドメインをコアサーバー(CORESERVER)で使う方法

バリュードメインの場合は同じ会社なためNSの設定だけでなくDNSの設定も行います。
その際に必要になるCORESERVERアカウント情報をあらかじめ控えておきましょう。

まずは、 コアサーバーをクリックしてください。

ccc

コアサーバーでこの部分をどこかに控えるなどして覚えてください。

z

m34.coreserver.jp の部分です。

バリュードメインでの設定

次にバリュードメインにログインし「取得済みドメイン一覧」をクリックします。

vc1

まずはネームサーバーの設定をします。

取得済みドメイン一覧から変更したいドメインの「NS」をクリックします。

77

ネームサーバー変更の画面で

当サービス内のネームサーバー(ns1-3.value-domain.com)をご利用になるにはここをクリックして下さい。

をクリックします。

55

そうするとネームサーバーが勝手に入るので、「OK」と「保存する」をクリックしてください。

66

正常に変更しましたと出れば成功です。

99

次に設定したいドメインの「DNS」をクリックします。

dns

次の画面で当サービス内サーバーの自動DNS設定の「選択してください」で、先ほど覚えたサーバーを選びます。

今回は「m34.coreserver.jp」でしたので、この中から探して選択し「保存する」をクリックすれば終了です。

88

コアサーバーでの設定

コアサーバーにログインし「サーバー設定」をクリックします。

core1

次の画面で「ドメインウェブ」をクリックします。

core2

URLはwww付、なしの両方が存在するのはSEO上良くないので、どちらかに統一します。

今回はwww付きに統一する設定でやってみます。

次の画面で

ドメイン名? 転送URL先?
main blank
sub1 www.aaa.com 空白
sub2 aaa.com www.aaa.com

と入れて「NoDir」にチェックを入れます。

core3

入力し終わったら下の方に行って「ドメイン設定」をクリックすれば終了です。

core5

私の場合はリンクの受け渡しを行いたいので.htaccessで301リダイレクトをするのでその場合下のようにします。

core4

これはどちらでも問題無いと思いますが、コアサーバー側で設置すると302リダイレクトになるので、私は自分で301にしています。

こちらの記事を参考にしてみてください。

コアサーバー(CORESERVER)でのURLの正規化「301、302リダイレクト」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です