楽天mobileとY!mobileを徹底比較

格安スマホ(SIM)

今回Softbankから格安スマホに乗り換えることを前提に何か月か検討してきましたが、格安スマホの会社はホントたくさんあって選ぶの面倒ですね。

本もたくさん買いましたし、比較サイトもたくさん読みましたので知識だけはついたのですが、最後の最後に楽天mobileとY!mobileで結構な時間迷いました。

あと、私も気を付けないといけないのですが、比較サイトは情報が多すぎて分かりにくいですし、何より個人的な感覚で書かれているサイトが多いので読めば読むほど迷いました。

という訳で、結構迷いましたが結果的にこの楽天mobileとY!mobileの2社が私にとってオトクであると判断しました。

その理由はいくつかあるのですが、決め手になったのは無料通話の存在です。

格安スマホは無料通話がないと、30秒で20円という高額な通話料を支払う必要があります。

だからこそ、大手キャリアから乗り換えることをためらう人が多かったのですが、楽天mobileとY!mobileのプランは通話に関しても問題が無くなったので、大手キャリアを使い続ける必要がなくなりました。

まずは一番安いプランで比較!!
※2019年10月1日~料金体系が変わりました。解約手数料がかからなくなりYモバイルは2年縛り、楽天モバイルは1年縛りがなくなりました。

楽天 mobileY!mobile
プラン名スーパー放題プランSスマホプランS
月額料金1,480円※楽天会員
(2年目以降:2,980円)
1,980円
(7ヶ月目以降:2,680円)
高速データ通信量2GB/月
(3年目以降も2GB/月)
4GB/月
3年目以降:3GB/月
データくりこしあり(翌月まで)なし
無料通話10分以内かけ放題
(回数無制限)
10分以内かけ放題
(回数無制限)
※+1,000円で時間も無制限
通話料10円/30秒(楽天電話使用)20円/30秒
低速通信時速度最大1Mbps最大128Kbps
初期手数料3,000円3,000円
シェアプランなしあり
LTE回線ドコモソフトバンク

私はあまりかけませんし、データ通信もあまり行わないので楽天モバイルを選びましたが、Yモバイルは「スーパーだれとでも定額(1,000円)のオプションを付けると2,980円でかけ放題が成立しますので、仕事で長電話する人はYモバイルを選ばない理由がみつかりません。

彼女と長電話する男性諸君も迷わずYモバイルでいいと思います。(10分に一回切るなんてことしてたら小さい男だと思われるので、月額1,000円くらいケチらずにスーパーだれとでも定額を付けときましょう。)

また、データ量も楽天が2Gに対しYモバイルは4G(3年目から3G)なので、データ通信が多めの人もYモバイル優勢かなと思います。

6か月間500円と7か月目以降1.5年間1,200円の差額をどう考えるかですね。

3年目以降はYモバイルの方が300円安くなります。

楽天 mobileY!mobile
プラン名スーパー放題プランMスマホプランM
月額料金2,980円※楽天会員
(2年目以降:3,980円)
2,980円
(7か月目以降:3,680円)
高速データ通信量6GB/月
(3年目以降も6GB/月)
12GB/月
3年目以降:9GB/月
楽天 mobileY!mobile
プラン名スーパー放題プランLスマホプランL
月額料金4,980円※楽天会員
(2年目以降:5,980円)
3,980円
(7ヶ月目以降:4,680円)
高速データ通信量14GB/月
(3年目以降も14GB/月)
17GB/月
3年目以降:14GB/月

それとこれは私がめんどくさがって放置した結果なので自分に怒っているのですが、Yモバイルはソフトバンクと全く同じ会社の別ブランドという位置づけで、LTEも何もかも全てが同じです。

何もかもが全く同じにもかかわらず金額がかなり違うので本当に損をしたなと、調べれば調べるほど腹が立ってしかたなかったです。

今まで契約してたソフトバンクはなんだったんだという感じです。

同じ会社でブランド名が変わるだけでこの違い

Y!mobileソフトバンク
プランかけ放題+14G
5,680円
スマ放題ライト+8G
1万~1.3万円

Softbankを使っている人は、今すぐYモバイルに変えないと毎月損していきます。

ワイモバイル公式サイト

スポンサーリンク

長電話をしない人は楽天モバイル

私は結局楽天モバイルにしたのですが、その決め手になったのは長電話が必要ないということと、もう1つ大きかったのはスーパー放題で契約した2Gの高速通信容量を使い切っても、通信速度が1Mpbsだからでした。

これは結構すごい事で、Yモバイルの場合に高速通信の容量を使い切ると125Kbpsになるので1Mpbsという速度はYモバイルの8倍の速度です。

速度制限があってもこの速度であれば、2Gで十分なんじゃないかなと思ったわけです。

制限がかかった時の通信速度

楽天1Mpbs
Yモバイル125kpbs
mineo200kpbs
イオンモバイル200kpbs
DMMモバイル200kpbs
OCNモバイルONE200kpbs

また、楽天は10分以内であれば国内通話がかけ放題なのですが、仮に10分を過ぎても楽天でんわというアプリを使えば、10分以降も30秒10円で通話できます。

Yモバイルの無料通話は10分間の国内通話がかけ放題なのですが、10分以降は30秒20円になってしまいますので、それなら1000円出して時間も無制限になるかけ放題を契約した方がいいのではないかなと思っています。

つまりこういうこと

楽天モバイル

スーパー放題プランSで契約した場合

1.初年度は1,480円。(2年目から2980円
2.10分以内の通話なら何回かけても無料
3.2Gの高速通信容量を使い切っても1MpbsというYモバイルの8倍の速度で通信可能
4.楽天でんわを使えば5分以降も30秒10円とYモバイルの半額で格安。

ですので、長電話はたまに、Wifi環境にいることが多くデータ通信もあまり使わないという人は楽天モバイルで決まり!!

⇒ 楽天モバイル公式サイト

1,480円なのは楽天会員になるという条件が付くことと、初年度だけで2年目からは2980円になることに注意!!

Yモバイル

スマホプランSで契約した場合

1.契約から半年間は1980円。(7ヶ月目から2,680円
2.10分以内の通話なら何回かけても無料
3.10分以降は30秒20円と割高
4.2Gの高速通信容量を使い切ると125kpbsの速度で遅い

5.4Gの高速通信容量は2年限定(3年目からは3G)
6.時間も回数も制限のないかけ放題プランがたったの+1000円

ワイモバイル公式サイト

1980円なのは初年度だけで7ヶ月目からは2,680円になること、高速通信容量が3年目から3Gになること、通話料が10分以降30秒20円になることに注意!!

コメント